捨てる神あれば拾う神あり

JUGEMテーマ:アウトドア!

こんにちは。

週末養蜂家を目指して日々試行錯誤の中央木材市場の井上です。

 

 

ここ郡山でもアカシア(ニセアカシア)の花が散り、

日本ミツバチの分蜂期も終わりを迎えております。

 

 

そんな中、私たちが仕掛けた養蜂箱(ラングストロース式)には、未だ蜂が入らず。。

頼みのキンリョウヘンもすっかり枯れてしまいました。

 

 

毎日養蜂箱を点検してはガッカリしている私に、

当市場がお世話になっているトラックの運転手さんにお言葉をかけていただきました。

 

 

「俺も家で西洋ミツバチも日本ミツバチも飼ってんだ。俺でよければアドバイスすっぞ!」

 

 

 

 

捨てる神がいれば拾う神ありですね!

日本ミツバチには縦長で、もっと厚さのある板で作らなければならないということ。

できればペンキは塗らずに仕上げること。

そして、運転手さんがつくっている巣箱もお借りいたしました。

 

 

今年の養蜂は厳しいかもしれませんが、来年に向けて今からコツコツとやっていきたいと思います。

 

コメント